ネット占いを始める前に準備しておくこと

これでアナタも占い師?ネット占いで起業

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

占いの種類を大公開

占いは太古から人々に様々なものをもたらしてきました。そんな歴史ある占いを生業としたい。占いといっても様々な手法がありますし、起業する方法も人によって異なります。 近年ではネットを中心とした占いが人気ですが、その手法で起業するには何をすれば良いのでしょうか。

個人で起業する為のステップ

占いの手法や方法をある程度まとめたら個人で起業する場合のステップを学んでいきましょう。 人によっては占いをイチから学びたいと考えて、専門学校へ通ったり有名な先生に弟子入りしたりするケースもあります。ネットを中心に占いをする場合のステップを公開しています。

ネット占いでやるべきポイント

いくら優秀な占い師がいたとしても、その事実を誰も知らないと全く意味がありません。 占い師としてネット起業してすぐに多くのユーザーが押し寄せてくる訳では無く、自分でコツコツとステップを踏んで勝ち取らなければなりません。ネットで占い起業をする為に必要なポイントは何でしょうか。

占いで起業する為の方法

占いは太古から人々に寄り添っているスキルで、日本で最も有名な占い師は卑弥呼といえるでしょう。卑弥呼占っていた方法は鬼道と呼ばれるもので、温めた動物の骨に入った亀裂の形で判断していました。霊媒や口寄せなども行っていた様ですが定かではありません。そんな占い大国とも言われる日本では、現代も多くの方が占いを楽しんでいます。

占いの文化は世界中にちりばめられていて、特に人気のある占いがタロット占いです。タロット占いは78枚のカードを使った占いで、エジプトやインドなどで好まれていました。直感に従ってカードを引くだけなので、誰でも簡単に参加出来るのが強みです。手相・人相は顔や手にあるシワやパーツの形で占う方法で、国内では比較的人気のある占いです。

命術と呼ばれる占いは生年月日や生まれ時間から割り出す占いで、持って生まれた運命や宿命を読み解きます。命術にもいくつか種類があり西洋占星術・インド占星術・四柱推命・算命学が有名です。他にも姓名判断や風水など占いは星の数ほどあります。その中で自分に合った占いで楽しむのはとても良い事です。

但し占いをするに当たって、依存しすぎないのが楽しむポイントです。人に助言を求めてそれに沿うのはとても楽ですが、自分の事は自分で決めないと後悔が残りやすいです。消費者ではなく経営者の立場からしても、より楽しくユーザーに楽しんでもらう。更にユーザーがポジティブな気持ちに慣れる占いをモットーにして下さい。